IWC NEW INGENIEUR CHRONOGRAPH [IW380801]

貴人館

06-6636-6630

〒542-0073 大阪市中央区日本橋2丁目7番10号
日本橋エクシーリスビル

営業時間:10:00~19:00

lv

IWC NEW INGENIEUR CHRONOGRAPH [IW380801]

IWC

2017/10/12 IWC NEW INGENIEUR CHRONOGRAPH [IW380801]

iw380801-2【IWC】から、2017年『SIHH(ジュネーブ・サロン)では発表されませんでした新作[INGENIEUR CHRONOGRAPH(インヂュニア・クロノグラフ)が入荷致しました。

 

発表されなかったとは言いましても公式にはであって、我々正規特約店のバイヤーにだけは別室で商品を手に取りながらのプレゼンがありました。

 

新しい≪INGENIEUR(インヂュニア)コレクションは2017年秋・冬の商材でしたので、それまではSNSを含め全てで情報の公開はNG。

 

厳しい情報規制が布かれていました。

 

前作の≪INGENIEUR≫は、スイスを代表する高級時計ブランドの歴史に残る数々の名作のデザインを手掛けてきました巨匠:Mr.Gerald Genta(ジェラルド・ジェンタ)デザインでしたが、新作は1950年代のモデルにインスパイア―されたクラシックなデザインが特徴になっています。

 

≪INGENIEUR≫コレクションの成功は、経済成長が著しい時代であった1950年代に始まります。

 

当時は多くの電化製品が人々の生活に浸透し始めており、これらの機器から発生する磁気で腕時計の精度に影響が出ていました。

 

中でもエンジニアは磁気力の作用する場所を仕事場とする事が多い職業です。

 

この時点で【IWC】は、エンジニアのように特殊な職業に適した、新しい時計シリーズの開発を可能とする優れた耐磁技術を確立していました。

 

こうして、ドイツ語で“Engineer(エンジニア=技術者)を語源とする≪INGENIEUR≫が誕生しました。

 

搭載しているムーブメントは新開発の自社製:Cal.69375(自動巻き)です。

 

Column-Wheei System(コラムホイール式)が使用されたこのムーブメントにはで200個を超える部品が使用されています。

 

ムーブメントには高級感のある、Cote de Geneve(コート・ド・ジュネーブ)装飾とPerlage(ペルラージュ)装飾が施されています。

 

この細部にまで仕上げの行き届いたムーブメントはシースルーバックから鑑賞する事が出来ます。

 

ケースサイズは42,0mmなので程用意大きさで、On/Off共にご使用頂けます。

 

また、クラシックテイストなデザインの腕時計にしては珍しく、防水が12気圧あり安心です。

 

ダイヤルバリエーションは10/5(木)にBlogでご紹介させて頂きましたブルーと今回入荷のシルバーの2色展開で、SSブレスレット付きのみにになります。

 

価格は、966,600円(税込)です。品番: IW380801・ケース:SS・ケースサイズ:42,0mm・ムーブメント:自動巻き Cal.69375(自社製)・振動数:28,800回/時・石数:36石・パワーリザーブ:46時間・防水:12気圧・ガラス:両面無反射コーティングサファイアガラス・ケースバック:シースルー。

 

ご来店お待ち申し上げております。

 

※INGENIEUR COLLECTION・・・http://kijinkan.co.jp/gallery/mygalleryc/cat-02/cat-02-2/

 

※お問合せは・・・http://kijinkan.co.jp/contact/

 

 

 

 

 

TOP