IWC DA VINCI PERPETUAL CALENDAR CHRONOGRAPH [IW392103]

貴人館

06-6636-6630

〒542-0073 大阪市中央区日本橋2丁目7番10号
日本橋エクシーリスビル

営業時間:10:00~19:00

lv

IWC DA VINCI PERPETUAL CALENDAR CHRONOGRAPH [IW392103]

IWC | IWC

2019/04/11 IWC DA VINCI PERPETUAL CALENDAR CHRONOGRAPH [IW392103]

iw392103 iw392103-back

 

【IWC】から、[DA VINCI PERPETUAL CALENDAR CHRONOGRAPH(ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ)が入荷致しました。

 

つまり、大の月・小の月、そして4年に一回の閏年もカレンダーを調整する必要がない優れものです。

 

4年に一回の閏年の時だけカレンダー調整が必要な機能をAnnual Calendar(アニュアル・カレンダー)と呼びます。

 

現在の≪DA VINCI(ダ・ヴィンチ)コレクションは、2017年の『SIHH(ジュネーブ・サロン)』で発表されました。

 

1985年に発表された丸型ケースの≪DA VINCI≫に新解釈を加えたデザインが特徴で、【IWC】はMr.Kurt Klaus(クルト・クラウス)開発による伝説の永久カレンダーを復活させました。

 

≪DA VINCI≫の特徴の一つが上下4ヶ所の可変式のラグにあります。

 

手首に沿って動くラグは、様々な大きさや形状の手首に抜群にフィットします。

 

12時位置のムーンフェイズは、ダークブルーで表された”夜空”の定位置から月が動かず、ダイヤルの裏に設けられたムーンフェイズディスクが月の影とその満ち欠けを表す仕組みになっています。

 

実際の月の満ち欠けと表示との間に生じる差は、577,5年間にたった1日分という正確さです。

 

搭載しているムーブメントは自社製:Cal.89360(自動巻き)で399個もの部品が使用されています。

 

流石に永久カレンダー+フライバッククロノグラフ機能が付いているムーブメントは複雑を極め、多くの部品を必要とします。

 

ローターが左右どちらに回転しても特殊な爪が規則正しくゼンマイを巻き上げる、ペラトン式(特許取得)が用いられており、パワーリザーブもこれら複雑な機能を有しながら68時間を確保しています。

 

また、革ベルトにはイタリアを代表する高級靴ブランド:Santoni(サントーニ)が採用されています。

 

バックルもDバックルを標準で装備しています。

 

価格は、3,650,400円(税込)です。品番:IW392103・ケース:SS・ケースサイズ:43,0mm・ケース厚:15,7mm・ムーブメント:自動巻き Cal.89360(自社製)・振動数:28,800回/時・部品数:399個・石数:51石・パワーリザーブ:68時間・防水:3気圧・ガラス:ボックス型両面無反射コーティングサファイアガラス・ケースバック:シースルー・バックル:Dバックル・革ベルト:Santoni製。

 

入荷本数のかなり少ないモデルです。

 

ご来店お待ち申し上げております。

 

※THE KIJINKAN CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/9976/

 

※IWC COLLECTION・・・https://kijinkan.co.jp/iwc/

 

※お問合せ・ご注文は・・・https://kijinkan.co.jp/contact/

 

TOP