IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

貴人館

06-6636-6630

〒542-0073 大阪市中央区日本橋2丁目7番10号
日本橋エクシーリスビル

営業時間:10:00~19:00

lv

IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

IWC | IWC

2019/06/02 IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

iw326801 iw326801-back

 

【IWC】から、2019年『SIHH(ジュネーブ・サロン)で発表されました新作[PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE(パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア)が入荷致しました。

 

デザインは1948年から英国空軍の為に製造された[MARK XI NAVIGATION WATCH(マーク11・ナビゲーション・ウォッチ)]の極めてシンプルな計器デザインを忠実に継承しています。

 

先月の中旬頃に初入荷があったのですが有り難い事に入荷後即完売。

 

今年の【IWC】の新作の中では最もお問合せの多いモデルの一つです。

 

【IWC】の2019年度の主役は[PILOT’S WATCH SPITFIRE SERIES(パイロット・ウォッチ・スピットファイア・シリーズ)]です。

 

ここ2世代位の[PILOT’S WATCH SPITFIRE SERIES]のダイヤルは主にスレートカラー(グレー)が使用されていました。

 

今年の『SIHH』で発表されました新作には久し振りにブラックが採用されています。

 

新作には新開発の自社製ムーブメント:Cal.32110(自動巻き)が搭載され、ケースサイズも[PILOT’S WATCH MARK XVIII SERIES(パイロット・ウォッチ・マーク・18・シリーズ)]よりも1,0mm小さい39,0mmとなりました。

 

この新しい自社製ムーブメントは164個の部品で構成されており、72時間ものパワーリザーブを有しています。

 

特殊な巻き上げ爪により、ローターが左右のどちらに回転しても規則正しくゼンマイを巻き上げます。

 

インナーケースに軟鉄を使用した二重のケース構造により、強力な磁場からムーブメントを保護します。

 

両面無反射コーティングの施されたドーム型のサファイアガラス急激な気圧変化でも結露が出来ないようになっています。

 

これだけのスペックでも530,000円+税という価格設定は、他ブランドと比較してもコストパフォーマンスも最強です。

 

価格は、572,400円(税込)です。品番:IW326801・ケース:SS(インナーケース:軟鉄製)・ケースサイズ:39,0mm・ケース厚:10,8mm・ムーブメント:自動巻き Cal.32110(自社製)・振動数:28,800回/時・部品数:164個・石数:21石・パワーリザーブ:72時間・防水:6気圧・ガラス:ドーム型両面無反射コーティングサファイアガラス(急激な気圧変化にも対応)。

 

ご来店お待ち申し上げております。

 

※THE KIJINKAN CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/10530/

 

※IWC COLLECTION・・・https://kijinkan.co.jp/iwc/

 

※CORUM ADMIRAL LADYS COLLECTION CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/10140/

 

※お問合せ・ご注文は・・・https://kijinkan.co.jp/contact/

 

TOP