IWC PORTUGIESER AUTOMATIC [IW500705][IW500712]

貴人館

06-6636-6630

〒542-0073 大阪市中央区日本橋2丁目7番10号
日本橋エクシーリスビル

営業時間:10:00~19:00

lv

IWC PORTUGIESER AUTOMATIC [IW500705][IW500712]

IWC | IWC

2019/07/06 IWC PORTUGIESER AUTOMATIC [IW500705][IW500712]

iw500705 iw500712 iw500705-back

 

【IWC】から、[PORTUGIESER AUTOMATIC(ポルトギーゼ・オートマティック)が入荷致しました。

 

今年の4月中旬頃以来の入荷になります。

 

デザインは1930年台に誕生した初代[PORTUGIESER]のクラシカルなデザインを踏襲しています 。

 

現在のモデルは2015年の『SIHH(ジュネーブ・サロン)』で発表されています。

 

前モデルとの大きな違いはムーブメントで、今作では巻き上げ爪、自動巻きホイール、ローター軸受には極めて摩耗に強いCE(セラミック)が採用されています。

 

香箱はシングルバレルからツインバレルになり、パワーリザーブは7日間=168時間あるのは同じです。

 

もう一つの違いはラグにあります。

 

今作では、人間工学的に再設計され、手首の細い方にもご満足頂ける着用感を実現しました。

 

西暦2000年、【IWC】は初の自社製自動巻きムーブメント:Cal.5000を発表しました。

 

開発には、5年もの歳月と研究開発や設備投資等に数億円規模の資金を費やしたと言われています。

 

また、当時の腕時計サイズでは世界最大の自動巻きムーブメントと呼ばれていました。

 

搭載しているムーブメントはその進化系の自社製:Cal.52010(自動巻き)で257個の部品が使用されています。

 

この部品数は一般的なクロノグラフムーブメントに匹敵します。

 

特許取得済みの特殊な巻き上げ爪により、ローターが左右のどちらに回転してもゼンマイを巻き上げます=ペラトン式

 

7日間=168時間ものゼンマイの残量は3時位置のパワーリザーブインジケーターで確認する事ができます。

 

本当は最大で8日間=192時間ものパワーリザーブを備えているのですが、ゼンマイのトルク落ちによる精度の低下を防ぐ為にロッキングレバーが7日間で止めてしまう仕組みになっています。

 

また、ケースバックはシースルーになっており防水は3気圧です。

 

Dバックルが標準で装備されていますので、腕時計の着脱が容易に行えるだけでなく、革ベルトの損傷を軽減します。

 

価格は、1,436,400円(税込)です。品番:IW500705/IW500712・ケース:SS・ケースサイズ:42,3mm・ケース厚:14,2mm・ムーブメント:自動巻き Cal.52010(自社製)・振動数:28,800回/時・部品数:257個・石数:31石・パワーリザーブ:168時間・防水:3気圧・ガラス:ドーム型両面無反射コーティングサファイアガラス・ケースバック:シースルー・バックル:Dバックル。

 

ご来店お待ち申し上げております。

 

※THE KIJINKAN 26TH ANNIVERSARY FOUNDATION FESTIVAL・・・https://kijinkan.co.jp/blog/10856/

 

※IWC COLLECTION・・・https://kijinkan.co.jp/iwc/

 

※CORUM ADMIRAL  CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/10722/

 

※お問合せ・ご注文は ・・・ https://kijinkan.co.jp/contact/

 

TOP