IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

貴人館

06-6636-6630

〒542-0073 大阪市中央区日本橋2丁目7番10号
日本橋エクシーリスビル

営業時間:11:00~19:00(時短営業中)

lv

IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

IWC | アイ・ダブリュー・シー

2019/10/05 IWC NEW PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE [IW326801]

iw326801 iw326801-back

 

アイ・ダブリュー・シー【IWC】から、2019年『SIHH(ジュネーブ・サロン)で発表されました新作[PILOT’S WATCH AUTOMATIC SPITFIRE(パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア)が入荷致しました。

 

毎年、『SIHH』や『BASEL WORLD(バーゼル・ワールド)』、『TIME TO MOVE(タイム・トゥ・ムーブ)』等で発表されます新作は、各ブランド内の様々なコレクションの中から発表されます。

 

そんな中でも【IWC】の新作発表の方法は他ブランドとは少し異なり、6つあるコレクションの中の1つのコレクションにスポットライトを当て、フルモデルチェンジを行います(例外もある)。

 

この方法は2000年に「Richemont Group(リシュモン・グループ)」に買収され、2002年に就任した当時のCEO:Mr.Georges Kern(ジョージ・カーン)体制になってからです。

 

とても明確で分かり易い新作発表の方法で、今までありそうでなかった方法でもあります。

 

ちなみに、ジョージ・カーンは現在は【BREITLING(ブライトリング)】のCEOです。

 

搭載しているムーブメントは新開発の自社製:Cal.32110(自動巻き)で164個の部品で構成されています。

 

パワーリザーブが3日間=72時間もあります。

 

双方向回転巻き上げ式ローターを装備していますのでゼンマイの巻き上げ効率も良好です。

 

また、インナーケースに軟鉄を使用した二重のケース構造により強力な磁場からムーブメントを保護します。

 

ケースサイズも[PILOT’S WATCH MARK XVIII(パイロット・ウォッチ・マーク XVIII)]より1,0mm小さいい39,0mmで、ケース厚も10,8mmと薄型なので、手首の細い方や、ビジネス時でも着用頂けます。

 

これだけのスペックの自社製自動巻きムーブメントを搭載して530,000円+税という価格設定はコストパフォーマンスも一級品です。

 

価格は、583,000円(税込)です。品番:IW326801・ケース:SS(インナーケース:軟鉄製)・ケースサイズ:39,0mm・ケース厚:10,8mm・ムーブメント:自動巻き Cal.32110(自社製)・振動数:28,800回/時・部品数:164個・石数:21石・パワーリザーブ:72時間・防水:6気圧・ガラス:ドーム型両面無反射コーティングサファイアガラス(急激な気圧変化にも対応)。

 

ご来店お待ち申し上げております。

 

※THE KIJINKAN CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/12098/

 

※IWC COLLECTION・・・https://kijinkan.co.jp/iwc/

 

※GLASHÜTTE ORIGINAL OPENING CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/12102/

 

PARMIGIANI FLEURIER OPENING CAMPAIGN・・・https://kijinkan.co.jp/blog/11870/

 

※お問合せ・ご注文は ・・・ https://kijinkan.co.jp/contact/

 

TOP